イェッセッショー

昨日、まろ(※昨日の日記を参照)と2人で話していたんです。
今、 うちの会社って泥舟度合いはどのくらいなんだろうねと。
ここ何年か売上で言えば絶好調だけど、現場と経営層の認識に剥離を感じること。
現場が無理しすぎて変調をきたしており、根本解決しないと近い将来えらいことになることを肌で感じていること。
これはうん10年続く会社の歴史の中で、どのくらいのピンチ度合いなんだろねと、端的に言って見切りつけた方がいいレベルなのか?と。


異常に離職率の低い会社の中で、唯一一般企業並である支社に勤めてる中途組の私たち。
皆無理はしてるよなぁ…
辞めたきゃ辞めればいいってスタンスですが、私自身の足かせは今のテーマが【継続と安定】であることで、すごく様子を見ています。


…なんでこんなことを言うかと言えば、昨日の新垣結衣ちゃんと松田龍平のドラマがドスンときすぎてしまったからです。
新垣結衣ちゃんの役みたいに仕事はできないし真面目でもないけど、置かれている状況に心当たりがありすぎてつらかった…(´ω`)
なんであんな目にあっても働かなきゃいけないの!と嫌になってしまった(´ω`)